Welcome

【 ウエットスーツ 】

 

洗い方・干し方

使用後のウエットスーツは、海水の塩分をしっかりと落とすことが大切です。

塩分が残った状態にしておくと、ファスナーが塩噛みして動かなくなることがあるので気を付けましょう。

 

 

水・またはぬるま湯に浸けてやさしく押し洗いをしながら、しっかりと海水の塩分を落とします。

 

毎回でなくても、汚れが気になって来た時やしばらく使わない予定の時などは専用のスーツシャンプーを使うと臭いが落ちて素材もしなやかさを保つことができます。

干す場所は風通しの良い日陰が基本です。

直射日光に長い時間当てていると、色あせが早くなるので気を付けましょう。

まずは裏側が乾いてから表側を干す様にすると、日光に当たる時間を短くすることが出来ます。

ダイビング後にゆっくり乾かす時間がない場合は、パッキングする前に腕・脚の部分を少し絞ってあげると水漏れがしにくくなります。

 

注意

早く乾かしたいからといって、脱水機に入れることは厳禁です!

生地が痛んで、二度と元には戻らなくなってしまいます。

 

 

保管方法

幅の広いハンガーにかけてつるしておくようにします。

スーツは裏側と表側で生地の面積が違います。裏返したままで保管すると、胸周りなどの生地にシワが残ってしまうので必ず表にして、幅の広いハンガーにかけてつるしておくようにします。

たたんで置くと、生地に折りしわがついてしまいます。

専用のスーツバッグがある場合は、カバーの様にかけておくのがベストです。